生活習慣病は、生活の小さなことを見直して習慣を変えることによって健康を何時までも維持することが出来ます。

いつなってもおかしくない 生活習慣病に要注意!
いつなってもおかしくない 生活習慣病に要注意!

生活習慣病から健康を守る心得

健康診断で、以前より体重増加、肥満傾向アリと診断されていました。
会社の健康診断のあるたびにその日を目標に2週間ぐらい体重を落としたりしてきましたが、定期健診で体重にいつも引っかかってしまう悲しい現実がありました。
そして40才の大台に乗るや否や糖尿病、血糖値が高いとの診断を受け、糖尿病予防のために生活習慣病との闘いが始まりました。
生活の習慣をまず変えたことは、白いものをやめました。
白い白米、白い砂糖、白い小麦粉です。

ご飯を玄米に変えたり、砂糖をだしなどに頼って、しかし小麦粉製品は巷にあふれています。
しかし健康維持のために食べないように心がけています。

生活習慣病を患うようになって、生活習慣病についての知識がとても多くなりました。
食べ物からの知識と運動面での健康への大切さも知りました。
運動を始めるにあたって、私なりに続けて出来るもの、毎日毎日習慣化させ、薬を飲むように、運動を毎日続けられる運動はないかと考えました。
ウォーキングをはじめました。
家のほとんどの婦人靴を捨ててしまい、いろいろな運動靴を買い揃え、いつもどんな服装でも運動靴を履いて出かけるようになりました。
また4時から一人で4キロのウォーキングを始めました。
1時間所用しますが、毎日毎日休まず健康のためにがんばっています。
体重も今ではどんどん減って、標準にまで減りました。
健康赤信号がともってから4年ですが、以前より健康に作り変えられています。

おすすめ情報

Copyright 2017 いつなってもおかしくない 生活習慣病に要注意! All Rights Reserved.