私は病院の栄養士をしていました。年々、生活習慣病も増え健康に気をつけている人も増えてきて感じた事。

いつなってもおかしくない 生活習慣病に要注意!
いつなってもおかしくない 生活習慣病に要注意!

健康に気を使うと生活習慣病になりずらいですよね。

私は病院の栄養士をしていました。
若い時は糖尿病とか高脂血症など意味がわからず栄養指導をしていました。
仕事を続けてにつれて、糖尿病を患っている方の多さなにより糖尿病予備軍の多さにびっくりでした。
何百万人の人が予備軍でいつ糖尿病になってもおかしくない状態でした。
糖尿病は体に自覚症状が無く知らない内に糖尿病と診断されて一生治りませんと言われる事です。

一生と言われても体の症状は喉が渇く・疲れやすくなる程度なので普段の生活での疲れ程度と思いほっといて、会社などの健康診断で見つかる事が殆どでした。
その後に病院に行き糖尿病と診断され薬をもらい帰ります。
体の症状はあまりないのでほっておく人が多いです。

それから何年か経ち、また会社の健康診断でひどくなったとこ事で病院に行きこれは栄養指導してもらった方が良いとの事で私の出番になります。
健康に気をつけているつもりでも生活習慣病ななる事は多いです。

栄養指導をするのですがまず、二十代の子に何か言われるなんてという拒否感を感じます。
特に女性の方は長く自炊してて自分に自信があったりするので話しを聞かない人が多いです。

細かく指導をして終わるのですが、だいたい適当に聞いて終ります。
何故そう思うかは、同じ人に指導を何度もしているからです。

なかなか治らないんだからこのままで良いじゃんと思うんでしょう。
でも、次の段階で怖くなるんです。

私は腎臓専門の職場だったので、糖尿病の後の糖尿病性腎症が問題なのです。

おすすめ情報

Copyright 2017 いつなってもおかしくない 生活習慣病に要注意! All Rights Reserved.