健康な身体であるためには、生活習慣病になってはダメなのです。甘い誘惑に負けない食生活をするのが良いのです。

いつなってもおかしくない 生活習慣病に要注意!
いつなってもおかしくない 生活習慣病に要注意!

生活習慣病にならないために健康維持を

生活習慣病、なりたくなくない病気です。

人は年齢と共に代謝の量が落ちて来ます。
その代謝量が落ち始めるのが20歳をすぎたくらいと言われています。
ですがこの年齢くらいですと、代謝が落ちているにも関わらず食事、カロリーの摂取量は落ちるどころか増えることにもなっているのです。

それはお酒を飲めるようになることも原因なのです。

お酒には、思ったより多いカロリーが含まれているのです。

そんなことから本来であれば、摂取カロリーを少なくすることで、健康な身体を作るのですが、その逆を行くようになってしまうのです。

またこれらの年齢になると仕事もするようになり、運動不足も加わるのです。

それがさらなるカロリー消費を少なくしてしまうのでした。
結果、肥満体型にあり、血圧も高くなりがちになるのです。

その繰り返しで血管が傷み、動脈硬化への道ともなっていくのです。

ここまで来てしまうと完全に生活習慣病と診断されてしまうのです。

ですからこのようにならないためには、20歳代になった時からの食生活を注意することにあるのです。

特に仕事を始めた方々は、学生時代と違い運動不足が否めないのです。

ですから野菜の摂取を極力増やすようにすることから、生活改善すると良いのです。

一日に350グラムほどの野菜が必要といわれていますが、無理としても食事をする前には野菜の摂取をして、食事全体の量を減らす努力も良いと思います。
太って来たと感じたならそれは、身体の危険信号が鳴っているのです。

体重を増やさないようにすることも、生活習慣病を防ぐ方法のひとつなのです。

おすすめ情報

Copyright 2017 いつなってもおかしくない 生活習慣病に要注意! All Rights Reserved.